根元が伸びたプリン状態大歓迎!それ活かしませんか!?

どうも!秋山です!今回は『ブリーチ後に根元の黒い部分が伸びてしまったけどどうすりゃいいの?』という事例をご紹介致します!
という訳で今回はタイトル通りまた更にブリーチをして黒いところを埋めるのではなく、黒いところを活かしながら染めていきます。
まずafterから!

根元が伸びたプリン状態大歓迎!それ活かしませんか!?

根元やや暗めのナチュラルなグラデーションになっております。
とりあえずは今後はまだ決まってないけどとりあえず全部ブリーチは飽きたしダメージも気になるしというお客様です。
これが元々はどうなってたかというと、beforeはコチラ。

実は前回もブリーチをしていないので最後にブリーチをしてから10カ月くらいになるのかな?
でもこんなにキレイに毛先が抜けてるのに、ここを活かさないのはもったいないですよね。
そんなわけでボブでもかわいいナチュラルグラデーションにしていきます!

塗り分け+時間配分であなたの為だけのオートクチュールカラー

今回は根元と中間と毛先とで色の配合や放置時間の調整をしてグラデーションにしていきます。
何故そんなことするのかというと。
①~③の髪の毛のダメージの状態や色の具合が違うことで、カラーの発色までの時間や仕上がりの具合が変わってしまうからです。
更には、それぞれ①から③までの薬剤を変えつつ、それぞれの色の境目は馴染ませるので5色になるのでより色と色の境目がボケてナチュラルに仕上がります。
こういったカラーはやはりサロンカラーならではで、あなたの為に、あなたの状態に合わせて、あなたの理想に近づけるオートクチュールカラーなんです。
そしてそんなこだわりをギュギュッと詰め込んだスタイルがコチラ。改めてafter。

黒く生えてきた場所も塗ることでまた、時間が経過していき、色が抜けてくるとまたグラデーションに抜けていき、根元のプリンが気になりにくくなるメリットもあります
暗い所の方が抜けにくく、毛先の明るい所の方が抜けやすいからですね。
根元は暗めの配色を選んでいますが、次の時に明るくできる範囲で考えているので、そのへんは影響ないかと。
是非参考にして下さい!それでは!また!

Instagramフォローお願いします!

Twitterフォローお願いします!

電話予約はコチラ
048-960-6009

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です