暗くしないとダメだけどまた明るくしたい方必読!そんな時は越谷でフェイクブラックに!!

どうも!秋山です!今回は就活や実習などで一時的に暗くしないといけない。
また気分的に暗くしたいけど黒染めは嫌だという方にオススメしたいメニューです!
それがこちらのフェイクブラック。

という訳でまずは冒頭でも少し書きましたがこんな方に是非。
こんな方にオススメ
・実習や就活で一定期間あるいは一時的に黒くしないといけない。
・一周廻って最早黒髪がオシャレなんじゃね?という期間に突入するもきっとまた明るくしたい。
・そして出来ればブリーチ無しで明るく戻していきたい。
という方にはぜひフェイクブラックオススメします。

まず結果からいうとどっちも染めたては黒です。
違うのはどんな色で黒を作るのか?というところ。
黒染め→ブラウン系の赤味を濃くしたもので黒くする。黒染めも時間が経てば明るくなってきますが持ちは良い。抜けるとオレンジっぽくなる。
フェイクブラック→青や緑等の赤を使わず濃くした色で黒くする。元の髪質、現在の状態に合わせて色を調節します。
良くも悪くも色が抜けやすく持ちは悪い。抜けると黄色っぽくなる。

という感じですね。通常黒染めの場合はカラー剤では明るくならないのはもちろん、ブリーチしてもかなり赤味が残ります。
極論切らなければずっと影響を及ぼします。

最初撮り忘れたので既に半分塗ってますが。
5回ほどブリーチを繰り返しています。
ここまでキレイに明るく抜けている場合、単純にアッシュで暗くすると青くなってまうので染める前の状態に合わせていくつか色を重ねていきます。
そしてafterはコチラ。

これなら黒で通せますよね。通常2週間程で色が抜けてきて1ヶ月ちょいで明るくなってきます。この方の場合はベースがハイブリーチなので1週間で抜けてきて1ヶ月しないくらいで明るくなってきます。
希望は1週間持てばOKとの事だったのでなんとかなりそうですね。

これから就活や実習等一時的に暗くしなきゃいけないけどまた明るくしていきたい!という方は是非参考にして下さいね!それでは!また!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です